• コラム

2016年9月30日 | ベトナム

Vリーグ2016総括、近年稀にみる大混戦はハノイT&Tの優勝で幕

トヨタ・Vリーグ2016シーズンは、最終節を残した時点で4チームに優勝の可能性が残るという近年稀に見る大混戦となった。最終的に首都クラブであるハノイT&Tが2位ハイフォンFCを得失点差でわずかに2点上回って優勝した。今回は大混戦となった今季のVリーグを振り返る。

「ベトナムのレスター」…ハイフォンFCが前期に大躍進

Vリーグの前期シーズンで最も話題を振りまいたのは、間違いなくハイフォンFCである。開幕から破竹の7連勝を見せるなどして前期王者に輝いた。資金力が乏しいことや堅守速攻を武器としてことなどの共通点から「ベトナムのレスター」と呼ばれたが、シーズン中盤以降は、自慢のナイジェリアン2トップが調子を落として失速。惜しくも優勝を逃した。

闘牛祭りで有名な北部の港町ハイフォンは、血気盛んな男たちが多いが、サポーターの熱さも国内屈指。逆転優勝のために大量得点が必要となった最終節では、最後まであきらめずにゴールを狙いに行ったハイフォンイレブンの戦いに興奮したサポーターが試合終了後にピッチになだれ込み、まるで優勝を決めたかのような大騒ぎ。シーズン終了後には、サポーターたちが自前で優勝トロフィーをイタリアから輸入して、ハノイからハイフォンまでヘリコプターで運び、ホームのカムファースタジアムで優勝セレモニーを開催した。

mat-stevens-va-fagan-hai-phong-tan-mong-vo-dich-v-league-2016-hinh-anh

ダナンのレジェンド帰還、復活のガストン・メルロ

優勝候補に挙げられながらも昨季は期待外れの9位に終わったSHBダナン。今季は怪我の治療を終えて1シーズンぶりに復帰したガストン・メルロの復調もあり、尻上がりに調子を上げていき、終盤には上位陣を猛追撃。ガストン・メルロは、終盤戦でリーグ新記録となる9試合連続ゴールを達成するなど、得点王と年間MVPをダブル受賞。結果は、首位ハノイT&Tと2位ハイフォンFCに勝ち点1及ばず3位に終わったが、来季に期待が持てる内容で、サポーターも大満足のシーズンとなった。なお、ダナンは来季からサッカー専用スタジアムにホームを移転する。

merlo

シルバーコレクターの逆襲、勝負所を押さえたハノイT&Tが優勝

昨季、リーグ・カップ共に準優勝に終わったハノイT&T。現役のベトナム代表クラスを数多く擁し、強力な外国人選手もいるため、特に補強もしなかったが、その分、シーズン通して安定した力を発揮した。首位が目まぐるしく入れ替わったシーズン終盤では、他チームが足踏みする中、重要な試合を確実にものにして経験の違いを見せたハノイT&Tは、まさに今季の王者にふさわしかった。

tt

前代未聞!ハノイFCがシーズン中に電撃移転、サイゴンFCに改称

誰もが耳を疑うような事件が起きるのもベトナムならではといったところか。首都ハノイに拠点を置くハノイFCが開幕から間もない4月中旬に、商都ホーチミンに電撃移転した。当初はベトナムプロサッカー株式会社(VPF)もシーズン中の移転に難色を示していたが、スポンサーやオーナー側が移転を強行。結局、リーグの反対を押し切る形で移転が実現した。移転当初は物珍しさからファンが集まったが、その後は集客に苦戦。もともと他省出身者が多いホーチミンの住民は、クラブに全く愛着を持っていないため、来季以降、どのようにファンを獲得していくのか注目だ。今季はVリーグ初昇格ながら8位と健闘。上位に食い込めるようになれば、お祭り好きの国民性も味方して、おのずと観客動員数も増えていくだろう。

IMG_3674

日本人選手誕生!横浜FCから移籍の井手口正昭が活躍

日本人として嬉しかった話題は、やはり10数年ぶりに誕生した日本人Vリーガーの活躍だ。クラブ間の業務提携に伴い、今季、横浜FCから完全移籍でホアン・アイン・ザライ(HAGL)に加入した井手口正昭は、当初戦力的に期待されていなかったが、開幕から21試合連続スタメンを飾るなど主力として獅子奮迅の活躍を見せた。井手口の存在は、平均年齢21歳のリーグ最年少チームに高いプロ意識と勝利への執念を植え付け、これがシーズン終盤にジャイアントキリンを演じる原動力にもなった。チームは目標とした1部残留を達成。筆者が行ったインタビューで井手口は、「Jクラブから直接ベトナムに移籍した日本人選手は初めてということだったので、できれば長く続けて確かな足跡を残し、もっと日本人選手が来られるような形を作れればと思っています。」と語った。サポーターも井手口の来季残留を望んでいるが、果たして・・・。

14114575_1204434506245135_1291999248_o


(アジアサッカー研究所/佐藤)