• ニュース

2015年12月16日 | カンボジア

カンボジアンタイガーFC、現地クラブとの統合を発表

b8f1bed2-s今季より、メトフォンカンボジア1部リーグに参戦したカンボジアンタイガーFCは15日、同じく1部リーグ所属のウエスタンFCを統合すると正式発表した。

カンボジアンタイガーFCは、今年3月にブランドコンサルティングなどを手がける株式会社フォワード(本社:東京都中央区)が運営を開始した日系クラブ。参入1年目の今季はリーグ戦3位に入り、プレーオフに進出するなど大躍進を遂げた。なた、ウエスタンFCのホーム・ウエスタンスタジアムをホームとして使用していた。

ウエスタンFCを運営するウエスタングループは総合大学、LINE Cambodia、カフェチェーン(Chatime21店舗など)、映画館などを運営する有力グループ企業。今季カンボジア1部リーグで12チーム中11位。

15日にプノンペン市内でクラブ統合に関する基本合意書の調印式を行ない、出席したカンボジアンタイガーFCの加藤明拓オーナーは「これまでサッカーを通じてカンボジアの人たちに夢と希望と勇気を与えられるようなクラブ作りを目指してきました。スタジアム等の施設、現地ネットワークを持っているウエスタングループと、経営、チームマネジメントに強いフォワードが統合することでその理想により近づくことができ、さらに高いステージを目指すことができる」と力強く話し、ウエスタンFCのティー・ローレントオーナーは、「今回、統合することができてとても嬉しく思っています。今季のリーグを見る限り、カンボジアンタイガーFCには経験豊富な指導者がおり、レベルが高いサッカーができていると感じました。ウエスタンにはスタジアムなどいくつか施設を持っているので、お互いが力を合わせることでもっと強いチームになると信じています」と話した。

・チーム名:カンボジアンタイガーFC(名称、エムブレム等も現在のものを継続)
・代表者:加藤明拓
・現地責任者(GM) :吉田健次
・Media Officer:Bun・Keo
・運営会社:Western tiger(仮)
・稼働開始:2016年1月1日