• ニュース

2015年11月15日 | アジア

日本人アジア草フットサル王者決定戦「F-ASIA2015」が開催

12278777_953211668086866_969568999062956393_n2015年11月14日、日本人アジア草フットサルチーム決定戦「F-ASIA CUP 2015」がタイ・バンコクで開催された。今年で記念すべき5年目を迎える本大会には、アジア各国の17都市から20チーム(約220名)が参加した。昨年大会(18チーム参加)で2チーム出場し、最下位と17位だった広州チームがチーム編成を変更し、栄えある初優勝を飾った。

各チームに所属する選手たちは、基本的にアジア各国に在住し、仕事をしていたり学校に通っている日本人。それぞれの都市で週末などにサッカーやフットサルに興じているチームが本大会に参加している。フットサル大会は4つのグループに分かれての一次リーグと、その成績に応じて振り分けられる二次トーナメント(上位・中位・下位ちーな面と)により構成され、1位〜20位までの順位が決定された。優勝チームやベスト5選手たちなどには、トロフィーや盾などのほかに「SFIDA」をはじめとすると協賛社からの賞品が送られ、また各チームからそれぞれの都市にまつわる「ご当地賞」が抽選で参加者たちに贈られた。


12279013_953207161420650_3472444394351963615_n


<2015 F-ASIA 最終順位>

優勝   広州1
2位  バンコク2
3位  華南
4位  シラチャ
5位  マニラ
6位  バンコク1
7位  青島
8位  ジャカルタ
9位  ビエンチャン
10位 プノンペン
11位 シンガポール2
12位 クアラルンプール
13位 ソウル
14位 東京
15位 ペナン
16位 コロンボ
17位 デリー
18位 深セン
19位 シンガポール1
20位 広州2