• ニュース

2016年12月22日 | ベトナム

ベトナム・U-21国際選手権に出場の横浜FC、ミャンマー代表に4発快勝で白星発進

ホーチミン市で開催中のU-21タインニエン国際選手権2016(クリアマンカップ)は12月20日にグループステージの各試合が行われ、グループAのU-21横浜FCは今大会初戦でU-21ミャンマー代表と対戦し、4-1で快勝した。

横浜FCは、立ち上がりから積極的なプレスをかけて試合の主導権を握り、シンプルかつ効果的な動きで相手ゴールに迫る。試合が動いたのは31分、左サイドからのクロスをFW金澤隆太が合わせて横浜FCが先制。勢いに乗る横浜FCは34分にMF前嶋洋太が追加点を決めて、前半を2-0で折り返す。

後半に入ると、横浜FCは立ち上がりにミャンマーに1点を返されるが、これで流れが変わることはなく、試合はその後も横浜FCのペースで進む。横浜FCは、57分にMF上田悠起が直接FKを決めて再びリードを2点とすると、60分にもFW齋藤功佑がダメ押しの4点目。試合はこのまま横浜FCが4-1で勝利して、幸先のいい白星スタートを切った。

この結果、既にグループステージで2試合を消化したミャンマーは1敗1分の勝ち点1。一方、これが初戦の横浜FCは、この勝利で勝ち点3を獲得して、グループAの2位以上が確定したため、早くも準決勝進出が決まった。

img_5956

img_5966

記事提供:ベトナムフットボールダイジェスト