• ニュース

2014年12月14日 | インド

インドスーパーリーグ、セミファイナル波乱の幕開け!

IMGP5391今年、初開催となったISLがいよいよクライマックスに近づいている昨日より、リーグ上位の4チームによる決勝トーナメントが始まった。

決勝トーナメントはホーム&アウェイ方式で行われ、12月13日・16日に1位チェンナイインFC と4位ケララ・ブラスターズFC、14日・17日に2位FCゴアと3位アトレチコ・デ・コルカタがそれぞれ対戦し、この勝者が20日の決勝戦に進出する。

セミファイナル初戦であった昨日、リーグ4位であったケララ・ブラスターズがホームで、リーグ1位のチェンナイインFCを3-0で破り、勝利を収めた。これまでチェンナイインFC相手に2戦2敗であったケララ・ブラスターズFCがセミファイナルの舞台で初の白星をあげる波乱の幕開けとなった。

今年は、ISLの開幕に加えワールドカップイヤーであったこともあり、インドにおいて非常にサッカーというスポーツが脚光を浴びた1年となった。これまで空き地で子供たちがするスポーツと言えば、クリケットばかりだったが、サッカーに興じる子供たちが増えたように感じている。経済成長著しいインドでは、今後、サッカーが飛躍的に普及していく可能性があり、その足がかりとして、ISL開幕は非常に重要な試金石となるはずである。

さて、リーグ終盤から元イタリア代表のネスタの加入やデル・ピエロのゴールなど更なる盛り上がりを見せてきたことに加えて、波乱の展開となったセミファイナル初戦。リーグを通してトップを走ってきたチェンナイインが巻き返しを図り初代王者となるのか、或いは、他のチームが逆転劇を演じるのか、今後の試合からも目が離せない。

(アジアサッカー研究所/伊藤)