• ピックアップ

2017年11月18日 | 日本

「アジア戦略」6年目の事例と課題感

ビジネス系雑誌や大手新聞が積極的に取り上げ、多くの認知を獲得できるということは、Jリーグのアジア戦略がそれだけ魅力あるプロジェクトだということだろう。であるならば、聞こえの良い成功物語だけでなく、いまこそ課題も共有し、業界を超えてサッカーを支えていきたいとろだ。(研究員M)

出典元:
「アジアの盟主」を目指すJリーグの深謀遠慮http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11091?layout=b

設立から25年、地域密着を理念に歩んできたJリーグが、数年前から東南アジアを中心とした海外展開に積極的に乗り出していることをご存知だろうか。ASEAN出身の選手がJリーグで活躍し、すでに経済効果も生まれている。こうした「アジア戦略」の狙いや取り組みについて、株式会社Jリーグマーケティング 海外事業部の大矢丈之氏に話を伺った。 (出典元ページへ)