• ピックアップ

2017年11月18日 | 中国

火の無いところには煙は立たぬ 中国がワールドカップ開催に立候補へ?

マルチェロ・リッピがポロリとこぼして広がった噂を中国サッカー協会がいったん火消しした。中国政府と企業によるサッカー、スポーツへの投資は続いており、実際に阿里巴巴集団(アリババ)がFIFAクラブワールドカップのタイトルスポンサーとなっている今、中国がワールドカップ開催に立候補することにもはや何の違和感も無い。(研究員M)

出典元:
中国が2030年W杯立候補か? 協会は「公式ではない」と声明http://www.afpbb.com/articles/-/3150866?cx_part=latest&cx_position=8

【11月16日 AFP】サッカー中国代表のマルチェロ・リッピ(Marcello Lippi)監督は16日、同国が2030年に行われるW杯(World Cup)開催へ立候補を計画していると語ったことを受け、同国サッカー協会(CFA)は「公式決定ではない」と声明を発表し、騒ぎの沈静化を図った。 (出典元ページへ)