• ピックアップ

2017年12月30日 | タイ

清水エスパルス、アジア戦略強化 タイ児童施設で教室開催

清水エスパルスがタイでの活動を活発化させている。これは主にスポンサー関係が先行した活動に見えるが、昨今の札幌や広島のタイ人選手獲得(神戸も獲得の噂がある)の流れを見ていると、Jリーグアジア戦略のキャズムを超えるのにはタイに活動を集中的に行うのも効果的かもしれない。結果論かもしれないが、経済やサッカーのレベルを見ていても、タイはASEANので頭ひとつ抜きん出ており、日本とのサッカービジネスでも一番親和性が高いように映る。(研究員K)

出典元:
J1清水、アジア戦略強化 タイ児童施設で教室開催|静岡新聞アットエスhttp://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/spulse/topics/441537.html

サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスが、アジアのマーケット拡大を狙った戦略を進めている。タイの児童養護施設で16日から2日間、サッカークリニックを開催。タ… (出典元ページへ)