• ピックアップ

2018年2月24日 | タイ

タイのレベル強化とJのアジア戦略の思惑が合致

本日開幕のJリーグ。今年で25周年。開幕戦ではタイ人選手が新加入したサンフレッチェ広島と、昨年獲得したタイ人選手が大活躍したコンサドーレ札幌の対決。Jリーグアジア戦略として、意図的なのか偶然なのか、開幕戦でこのカードが実現した。そして、その広島に新加入したティーラシンが決めたゴールを守りきり、1-0で広島の勝利。アジア戦略担当者には出来すぎといえるような結果になった。昨年、札幌のチャナティップがかつ屋しながらも実現しなかった、J1初のタイ人選手のゴールが生まれたことで、一気に「ケチャップドバドバ」となるかもしれない。(研究員K)

出典元:
【スポーツの現場】タイ人選手のJリーグ参戦が活発化 タイのレベル強化とJのアジア戦略の思惑が合致http://www.sankei.com/west/news/180223/wst1802230004-n1.html

23日に開幕した今季のJリーグに、東南アジアから強力助っ人が相次いで加わった。J1神戸に、タイ1部リーグの強豪ムアントンから期限付き移籍でタイ代表DFティーラト… (出典元ページへ)