• ピックアップ

2019年1月13日 | インドネシア

英リバプールFCが津波被害のインドネシアに寄付。金額以上の関係性あり。

アジアでは全体的にマンチェスター・ユナイテッドのファンが多いが、インドネシアではリバプールFCの人気が高い。

インドネシア国営エアラインであるガルーダインドネシア航空が、リバプールの練習着スポンサーとして協賛し、同クラブのインドネシア国内の活動をサポートしていたこと(2012年から2016年まで)や、クラブのキットパートナーであるウォリアー・スポーツ社、ニューバランス社のインドネシア進出との効果が合間って、インドネシアは他の国とは一線を画する独自性をみせている。

リバプールFCはインドネシア語の公式サイトも運用し、Facebookの公式アカウント(インドネシア語版)には3,200万人以上のフォロワーがいる。(研究員M)

出典元:
リヴァプール、インドネシア津波に200万円を寄付…オークションでhttps://news.nicovideo.jp/watch/nw4624372?news_ref=top_40

イングランド・プレミアリーグのリヴァプールは、公式サイトで「インドネシアのスラウェシ島で発生した津波での被災者に対し、1万3186ポンド(およそ190万円)を寄付した」と発表した。 昨年9月28日に発生したインドネシアでの津波は、200… (出典元ページへ)